11F時計売場から新しいリストスタイルを発信

大丸梅田店11F 時計女子部 -メカ女への道-

2017年9月

グランドセイコー

2017/09/26

2、グランドセイコー

何となく、この前の時計売場にきた。
もう少し説明の続きが聞きたい。
この前の店員さんと違う人が、話かけてきた。

「何かお探しですか?」

この前初めて耳にした「機械式時計を・・・。」と言ってみた。

「ブランドはお決まりですか?」

「セイコー」

セイコーのコーナーに案内される。

「グランドセイコーのどちらのモデルでしょうか?」

グランドセイコーってセイコーじゃないの?
ケースの中の時計を見ると、見た目が同じ、デザインも同じでも値段が違う。
機械式時計の方が電池の時計(クオーツ時計)よりも値段が高いとのこと。

ケースから出して一度着けてみた。
重さはさほど変わらない?少し機械式時計の方が重い?

厚みはクオーツ時計の方が薄い。機械式時計は、ゼンマイを巻くローターという機械が入っているため、厚みがでるらしい。

時計をよく見ると、機械式時計とクオーツ時計では、秒針の動きが違う。

店員さんが機械式時計は、

「ゼンマイで時計を動かしてます。そのゼンマイを巻き上げるために、ローターが組み込まれており、そのローターが動くことによってゼンマイを巻き上げる仕組みが自動巻です。」

といわれるが・・・

いまひとつ、何を言っているのか???

続けて店員さんが

「オルゴールは手で巻いたらその分動きますよね、あれもゼンマイを巻き上げて動いています。時計の内部も同じで、ゼンマイで動いています。」

グランドセイコーSTGR203(自動巻き 34.8mm) 税込540,000円(価格は2017年9月1日現在)
店員さんからこの時計を勧められる。

「グラマラスなケースシルエットに、上品なレザーストラップが女性らしさを引き立てる、レディスメカニカルモデルです。」
「カレンダー機能をなくし、正しく時刻を知らせるというシンプルな機能だけに集約した時計です。」

・・・店員さんの説明はあまりよくわからないけど・・・この時計の秒針の動き、なんとなくかわいい。
機械式の時計のことはまだよくわからないけど、興味がわいてきた感じがする。

機械式時計の出会い

2017/09/12

今日、友達と待ち合わせ。時間があるから百貨店でウロウロ。時計売場にいた。
店員さんが、話かけてきた。 いきなり、時計の説明!

「この時計は、機械式なので、・・・」

機械式って?なに?リューズの巻き方?リューズって、時計のカレンダーを合わせるもので、リューズって巻かないとダメなの?

店員さんに聞いてみた。
機械式ってなに?私の持っている時計と違うの?

店員さんの説明きくと…

機械式時計って、電池が、いらない。電池で、動く時計をクオーツ時計、電池が無く、リューズを巻いて動く時計を機械式時計って言うらしい。 動いていれば、リューズは巻かなくてもいいことも言われる。

<ハミルトン>ジャズマスタースケルトンレディ H32405111 (婦人用・自動巻・36mm) 税込138,240円   (価格は2017年9月1日現在)
でも、毎日、リューズを巻かないといけない。 時計の正確さは、クオーツ時計は、月差±30秒、機械式は時計にもよるが、日差±10秒から30秒?違うらしい。
すごく合わない? こんな時計誰が買うの?ケースの上に出された時計の値札を見ると、税込138,240円?? めちゃ高!
まだ、安いほうだと言われる。

横には、男性が、同じような時計をみて、迷っている感じ、買うのかな?

気がつくと待ち合わせの時間が、過ぎていた。