3 ブライトリング②

ブライトリングの中でも女性用のモデルとはいえ、大きいなぁ。重いかな?

時計が並んでいるケースを見ると、飛行機の写真がところどころにある。

店員さんに聞くと

「ブライトリングはもともと航空時計。昔、飛行機は操縦する人と飛んでいる場所、方向、速度を計算するナビ役の人が乗っていて時計の周りの細かい目盛りはもともとナビするための計算尺なんですよ。」

「ですが、現状はほぼデザイン的な形になっています。」

モデルは「ナビタイマー」「クロノマット」「モンブリラン」など、大きく分けていくつかのデザインがあるらしい。説明はしてくれるが、私にはまだ、ピンとこないなぁ。

モデルによって、デザインも全然違う。さっき見たタイプよりもう少し小さく、白で、かわいいモデルがある。スポーティなダイバーウオッチ。でもこれも機械式時計と言われる。確かに、時計に厚みがあって、ベルト部分をもって少し左右に振ると、時計の中でゼンマイが鼓動のように回っているのが感じられる。重さもこんな感じなら存在感!って感じぐらい。

 ブライトリング/スーパーオーシャン2 36 A162A75OPR 399,600円  価格は2017年10月現在
前に見たグランドセイコーと比べると、レディスモデルの感じ。全体的に白がベースカラーで、時計の文字盤、時計のふち(ベゼルと言うらしい。)、ベルトも白で清潔感があって、大きさも小ぶりな感じで、値段は、さっきのモンブリランの799,200円と比べると安く感じる自分が少しコワい。でも、機械式時計ってこれくらいの価格はするんだなぁ。それだけ手間も時間がかかって作られているのかなぁ・・・。ちょっと興味がわいてきた。