12.時計が壊れた?①

時計が遅れてる。なぜ?今朝もいつも通り、ちゃんと15回リューズを巻いて、時間を合わしてつけてきたのに、ランチの時に時計を見たら1時間以上遅れている。秒針は動いているのに?

仕事帰りに時計売場によって店員さんに聞いてみた。

「この時計、購入して2か月もたっていないのに時間が遅れるんです。毎朝、時計をつける前に15回ほどリューズを巻いて、その時に時間を合わしています。今日も同じようにしているけれど、ランチの時に見たら遅れている。その時にもう一度時間を合わしてつけていたけれど、今時計を見たら、また遅れてる。」

セイコールキア

セイコー/ルキア SSVM035 税込44,280円 (価格は2018年2月現在)
店員さんは、時計を手に取って、時間を確認して、少しリューズを巻きながら時計を耳にあてていた。その後、どこからか方位磁石を持ってきて時計に近づけている。

店員さんが

「多分、時計の時間の遅れの原因は『磁気』かと思われます。方位磁石を近づけるとクルクル動いているのがご確認いただけると思います。通常、時計に方位磁石を近づけても動かないです。これは、時計が磁気帯びしているために時計の中の機械がきちんと動いていないために時間が遅れていると思います。」

「時計をはずした後、普段どこに置いていますか?例えば、スマートフォンとかパソコンのスピーカー付近、バックの中でも留め金の近くであれば、磁石が使われているので、一定期間近づけているとその磁力で『磁気帯び』してしまい時計の時間が合わなくなることがあるんですよ。」

確かに、帰ってからはよくスマートフォンの近くに置いている。また、手を洗う時など時計を濡らしてしまうと思ってカバンの中に入れてしまっていることがある。

時計の取り扱い説明書にも注意事項として記載されている。ショック。せっかく買ったのにもう壊れたてしまった!

店員さんから「多分、機械的な故障ではございませんのでご安心ください。この時計をメーカーのサービスセンターに送ってその『磁気』を取り除く作業『脱磁』をさせていただければ大丈夫と思います。』

え!、大丈夫なの?少しホッとして安心した。

★2/18(日) 午後3時から レディス メカニカル ウオッチ トークイベントを初開催! くわしくはコチラから。