13.時計が壊れた②

年末に購入した時計の調子が悪く、時計売場で店員さんに見てもらった。

店員さんから、
「時計に『磁気』が帯びている可能性があります。」
と言われた。

その『磁気』を抜くためにメーカーのサービスセンターに3週間ほど時計を預けないといけないらしい。残念だけど仕方ない。やっと慣れてきたのに、少しさみしい。これからは気をつけないと・・・。

店員さんに、
「『磁気』に強い時計はありますか?」
と聞いてみた。

店員さんから、
「時計の中には『耐磁時計』といって『磁気』に強い時計があります。ただ、ほとんどはメンズ用でレディス用では、ご用意がなかったと思います。ただ、『耐磁時計』でも『磁気』に帯びにくいだけで、ずっと『磁気』のそばに時計を近づけていると『磁気』を帯びて、時計の調子が悪くなります。時計も機械なので『磁気』には気をつけてください。」
と言われた。

そして『耐磁時計』のひとつとしてグランドセイコーを見せてくれた。

グランドセイコー品番SBGA203 自動巻スプリングドライブ 税込561,600円(価格は2018年3月現在) 耐磁・日常生活における磁気製品の影響を防ぐ保証水準で、直流磁界4,800A/Mに耐えられる性能を表しています。
カタログも見せてもらう。カタログには表記はあるけど、時計そのものに『耐磁時計』の表示は見当たらない。見た目も特に変わらないなぁ。「ふーん」と思いながら、やっぱりメンズ用は大きい!と実感した。

時計売場で、私のセイコールキアの『磁気』を抜くために、時計を預けた。さみしくなるが、仕方ない。